VEGA

運動神経向上教室

VEGA(Visionary Education for Genuine Athletes)は日本代表トレーナーが直接指導する運動神経向上教室です。
本教室では脳を鍛えて運動神経を伸ばす【コーディネーショントレーニング】と姿勢を整えるトレーニングをおこないます。
様々な複雑な動きに楽しみながらトライし、小さな【失敗】と【成功】を繰り返し目標を努力して達成する楽しさを学び、ポジティブシンキングとコミュニケーションスキルを高めることを目標としています。

  • vega
  • vega
  • vega

コーディネーショントレーニングとは

五感(目や耳など)からインプットされた情報を、脳が瞬時に最適な処理を行い、 カラダの各部位に適切な情報を伝達する力を向上させる最新のトレーニングです。 「すばしっこい」「球技がうまい」「身のこなしが良い」等の運動神経の向上を目指します。 いわゆる重いものを持ち上げる筋トレはおこないません。
身のこなしや動作の理解が高まることで、結果的に【逆上がりを早く習得する】 【走るフォームがきれいになる】【他のスポーツでレギュラーになる】等の効果を見込めます。

コーディネーショントレーニングとは

運動神経は子供の時期しか伸ばせません

米国の人類学者R.スキャモンが提唱した、人体の発育過程を表したグラフ。 脳や脊髄といった中枢神経や、視覚と中枢神経のリンクなどが発育することを示した曲線。
グラフの通り、青の神経型の成長曲線は、12才ほどでほぼ100%に到達します。 つまり、12才小学生までの間が、運動神経を高めるには最も効果的な時期であります。
参照:松尾保:新番小児保健医化学、松尾保編、日本小児医事、出版社、東京、第5版、P10、1996より

運動神経は子供の時期しか伸ばせません

運動をする子としない子の神経活性の差異

9ヶ月間、放課後に運動教室に通っていた子供たちと、運動をしなかった子供たちの脳の比較。
運動をしている子たちの方が、脳の記憶や空間学習能力に関わる「海馬」と 運動調節・認知機能・感情・動機づけや学習などさまざまな機能を司る「大脳基底核」の発達が見られました。
つまり、運動をさせることで学力向上に直接関わる脳が鍛えられることが証明されました。
参照:“Active Education: Growing Evidence on Physical Activity and Academic Performance”

運動をする子としない子の神経活性の差異

運動と学力の関係

アメリカのカリフォルニア州教育局が2001年に、同州の小学5年生35万人、 中学1年生約32万人、中学3年生約28万人を対象に大規模な調査を行いました。
体力測定の内容は「フィットネスグラム」と呼ばれる体力調査で、 子供達の心肺能力や筋力、持久力、体脂肪率などを調べるといった子供の総合的な運動能力を調べたもの。
この結果、体力調査の成績が高い子供ほど、 数学と英文読解の成績が良い傾向にあることが確認されました。 (6が高く、1が低い)
このことから、運動を行い体力を高めていくことで、学力の向上に繋がることが証明されました。

運動と学力の関係

CLASS

クラス
アンダー9小学1〜3年生16:00〜17:00
(60分)
16:00〜17:00
(60分)
アンダー12小学4〜6年生17:30〜18:30
(60分)
17:30〜18:30
(60分)

PRICE

料金

月会費

月会費備考
8,640円1ヶ月4回
※月によっては5回レッスンある場合がございます。
その場合、10,800円となります。

その他の料金

月会費ユニフォーム
1,620円4,860円
体験予約 入会予約 TOP