STAFF BLOG

よしの日記2020

2020.9.17

放置マスクに心を痛めているよしのです。こんにちは。

最近は休みの日は近くを散歩するくらいしかしていなかったので、遠出をすると決めた時点でワクワクが止まりません。訪れた場所は、葛飾柴又。帝釈天でお参りをして、周辺を散策しました。

京成高砂と京成金町を結ぶ、駅数3駅の京成金町線。その中間駅です。

駅前にはあまりにも有名な銅像が2体。「待ってお兄ちゃん!」とか聞こえてきそうです。駅前の広場からすでに帝釈天の参道が始まり、その両サイドには団子屋うなぎ屋土産物屋が軒を連ねます。数百メートルしかなさそうですが、この通りをうろつくだけで一日行けそうです。

草団子は、店内で召し上がるように、皿に盛られたものから、食べ歩きできるように、くしに刺さったものから、お土産用に数十個入りのものから、様々です。また、神の食べ物も有名で、これまた香ばしくて「美味しい」以外の表現が見つかりません。もし宝くじが当たったら毎日これを食べるし、シェンロンを呼んだら、毎日ウナギが食べたいと願いを言います。

食後は付近を散策です。何とか亭です。中庭の日本庭園が有名なようですが、その日本庭園は立ち入り禁止なので、面白くもなんともありません。蚊もたくさんいました。矢切の渡しは、現在も運行していますが、この日は天候不順のため中止となりました。皆さんの気持ちがわかる瞬間です。写真は撮りませんでしたが、寅さんミュージアムもあります。映画のセットや、寅さんクイズや、名場面集があり、一日では足りないボリュームです(この日はオープニングのイントロが頭から離れませんでした)。まだ10作くらいしか見てない(メロンの回は観ました)ので、早く全作見なければいけません。

下町と言えば銭湯です。どこにしようか迷いましたが、金町駅の近くに行きました。散々歩いたので、とても癒されます。薬湯になているのも素敵です。

次は町屋の辺りに行ってみようかな!

 

体験予約 入会予約 TOP