EVENT REPORT

7月28日(日)PBN女子ダブルス大会レポート

  • 7月28日(日)PBN女子ダブルス大会を開催しました。
    参加数は4組。すべて1セットマッチ、総当たり戦にて進行。
    湿度も気温も高く、コンディションを作り保つのが難しいシチュエーションではありましたが、皆様1試合1試合高い集中力を保ち、素晴らしい試合を繰り広げてくれました。
    第1試合目、全てのショットにおいて安定感があり、総合力高い山口・坂根ペアと福田・大津ペアが対決。経験値でも上回る山口・坂根ペアが6-2で下し一歩リード。もう一方、春のシチズンカップ優勝の稲垣・小澤ペアに舟井・大本ペアが挑戦。舟井・大本ペア初戦ということもあってか動きがかたくミスが増え、6-0で稲垣・小澤ペアも勝利で2対戦目へ。
    勝者同士の山口・坂根ペアVS稲垣・小澤ペア。どちらも各ショット高いレベルを持ち合わせており、緩急つけたショットも織り交ぜながらの交戦となりましたが、ここぞの場面でのショットが功を奏し、稲垣・小澤ペアが勝利。続く福田・大津ペアに対しても持前のストローク力と安定感を発揮し、見事優勝へと上り詰めました!稲垣・福田ペアおめでとうございます!惜しくも2位で終えた山口・坂根ペア。そして大接戦を演じ、白熱したラリーを見せてくれた福田・大津ペアと舟井・大本ペアも、ストローク・ボレー・サーブ・リターン、安定感の中にもまだまだショットの質を高める余地はあると感じます。
    女子ダブルスのゲームにおいて「クロスラリーで負けない」「リターン力の向上」「ネット前での動き・プレッシャー」「上から叩くショットの確率・正確性」がとても大切だと感じます。もちろん他にも大切なことやショットはありますが、「広く視野を持って相手の動きを見てロブ等使って【かわす】こと」も必要でしょうし。男子と比べて一発でポイントを取れるショットも難しい…「質の高い守備」を極めて、「チャンスを取りこぼさない」ことが大切ですね。
    試合は何倍もの練習に匹敵するほど大切な経験値になります。ぜひ挑戦し続けてください。スタッフも全力で皆様をバックアップさせて頂きます!またのご参加をスタッフ一同お増しております!

体験予約 入会予約 TOP