STAFF BLOG

ととのうとは? BYのぶ vol.3

2021.1.14

前回のブログの続き

ととのう

一般的には「望ましい、きちんとした状態になる」

とイメージする人が多いでしょう。

しかしサウナー界においての「ととのう」とは

「サウナ→水風呂の交互浴を繰り返し、休息をすることで味わえる究極の快感」

と言われており、一度体験するとその気持ち良い快感が忘れられなくなりサウナが大好きになってしまいます!

そのお陰で僕も啓記も良い意味で人生狂わされてます(笑)

そもそも「ととのう」という言葉は どこから生まれたのでしょう?

発端は2009年、人気マンガ家タナカカツキ氏が「サ道」の連載を開始したのが全てのはじまりです。

マンガ サ道」が出版されたことで「ととのう」というワードがサウナーを中心に広まりました!

最近ではTV側もサウナに関する特集が増えてきており、その筆頭がお笑い芸人のオリラジの「藤森慎吾」さんやネプチューンの 「原田泰造」さんで、積極的にプロモ―ションを活動をなさってています!

ではここまで騒がれている「ととのう」は実際にどんな感じになるのか?

ととのう」は

【 サウナ → 水風呂 → 休憩 】

という王道パターンがあり、これを実施することで発動します!

その仕組みを順序立てて説明すると

①サウナに入る事で体温が上昇し血管が拡張します。

(副交感神経を刺激)

②次に水風呂に入る事で体温が低下して血管を収縮します。

交換神経を刺激)

③この動作をする事で、体内の心臓が強制的にポンプ活動をし血流を
いつもより多く促してくれます。

④水風呂から上がった後、イスに腰をかけてリラックスして下さい。そうする事で体内の血管がジワジワと拡張していきます!

⑤身体全身に血液が循環し脳内に酸素がジワジワと流れていきβエンドルフィン(幸せホルモン)やセロトニンが上昇して~

⑦「ととのい」ます!!!!

こんな感じです!

ととのい」をした事で自律神経を正しく調整され、最終的には疲れを無くす事ができると言われています。

 

【近隣のスーパー銭湯情報】

■天然温泉八千代ほっこり湯(3.5km)

※残念ながら1月31日をもって閉店

■みどり湯 田喜野井店(4.6km)

※ガーデンから一番近くて、H時間終了後でも何とか入れる

■ふなばしメグスパ(5.2km)

※2月7日まで臨時休館

■Spa Resort 菜々の湯(6.6km)

スタジアムロウリュウがおススメ!

ロウリュウとは…熱したサウナストーンにアロマ水を掛け、

熱雲を発生させ、その水蒸気を大団扇でお客様一人一人に

あおぐことにより、体感温度を急激に上昇させて発汗作用を促し、

効率的に汗をかくことができます。

男性の実施は5回、時間は以下の通りです。

11:30/14:30/17:30/20:30/23:30

■極楽湯 千葉稲毛店(9.3km)

※こちらは地元にもあり、よく利用しているので行きません。

■幕張温泉 湯楽の里(11.2km)

露天風呂からの夜景は最高です。

海の反対側の馬堀海岸にも系列店があり、先日行ってきました。

 

体が資本の我々にとって、この「ととのえる」ことは必須なはずなのに

うちの坊ちゃんと同級生の前田コーチはサウナに入りません。

というか、入れません。

「坊ちゃん、君はまだ至福の一口を味わっていないよ。

え~とお酒は20歳からだからぁ、人生の46%損してるよ!」

体験予約 入会予約 TOP