STAFF BLOG

長所は、自分で決める byしゅうたコーチ

2021.2.17

 

この前の土曜日の朝のこと。

ある卒団生からいきなりの連絡。

「おはようございます!自分の長所を教えてください。」

大喜利のお題を出されているのか?

「悩んだときに、連絡できるコーチがいることじゃないか?」

 

こんにちは、しゅうたコーチです。(笑)

 

今日は、自分の長所について。

その卒団生にも同じことを話したのですが。

タイトルにもある通り、「長所は自分で決めるもの」だと思ってます。

 

私自身のコーチとしての長所は、2つ。

・練習メニューへの工夫

・話術

 

練習メニュー作りに関して少しだけ。

人間って制限が与えられている方がアイディアが多く出てくるものなので。

練習メニューを考えるとき、「プレー人数」と「プレータイム」を意識する。

参加選手の「75%以上が同時にプレー」するメニューってのが自分への制限。

それを意識した練習をクラブでも、スクールでも多く取り入れています。

列を増やしたり、グリッドを多く作ったり。

並ぶメニューとか、待ち時間の多い練習は好まない傾向があります。

なぜなら自分が選手時代そう感じていたから。

 

そして、話術。

自分達が使うワードへの評価は、選手達が自発的に使うかどうか。

単語でも、短文でも。合言葉になるワードは、強いです。

「良い指導者は話が上手い。」

以前紹介したこともあるボクシング界の名言。

限られた短い時間で伝えたいことを伝えるために。

テロップになるようなバシッとしたワード使いたい。

絶妙な「間」を使いこなしたい。

 

こんな感じで自分の長所を皆さんにお伝えしましたが。

自己満足なんですよ。

だって、「グアルディオラの方が面白い練習やるよ」とか。

「千原ジュニアの方が話おもしろいじゃん」とか言われたら敵わんし。

 

でも今回のこの文章呼んでくれた皆さんは、僕の練習をみたら、

「確かに考えられてるんだなぁ」とか思うわけじゃないですか。

そうなってくれるためにプレゼンしたって感じです。

 

素人はその行動にお金が発生しない人。

プロはその行動でお金を生み出せる人。

一流はその行動で生み出したお金を越えた「満足感」を得てもらえる人。

大人の皆様、個サルに参加して頂ければ、満足感を得てもらえると自信持ってます。(笑)

 

それで言うと、1番な長所はポジティブなところ。

選手としても、指導者としても、1人の大人としても。

なんでも前向きに考えるのがぼくの良いところ。

 

こんなところで。

あえてダイエットには触れません。

結果で語ります。

精進します!!

体験予約 入会予約 TOP